カズの話

とある小児病棟へ慰問に行ったキングカズこと三浦知良さん。普段湿りがちな病院の子供達や看護婦達に大歓迎を受け、リフティングやらを披露して大歓声を受けている。 
ふとした拍子に、カズさんがあきらかにその輪に加わらないスキンヘッドの女の子を見つけました。 
カズさんはその子に話しかけたけど、「サッカーに興味が無い」と言い残し車椅子で病室に去って行ってしまいました。 
看護師さんに聞くと、その子は白血病で抗ガン剤の副作用から髪の毛や眉毛が抜け落ちて、それから誰にも心を開かなくなったのだと言います。 
その子が去ってゆくとき小さな紙切れのようなものを落として行くのを、カズさんは見逃さなかった・・・ 
カズさんがその紙切れを見るとこう書いてありました。「試合いつもテレビで見ています頑張ってください」それを見たカズさんは一枚の色紙を看護師さんに託しました。 
こう書いてありました。「絶対に何があってもあきらめない」 


次の試合、
チームメイトやサポーターから大爆笑や野次がおこっていた・・・ 
 
新聞記者はこぞって書いた。
「キングご乱心」
 
そこにはクリクリ坊主頭でピッチに立つカズさんの姿がありました。 
 

千載くもらぬ

歴史は古し