移民により滅亡したハワイ王国

ハワイを訪れるすべての日本人に是非知って頂きたいと思います。

 

ねずさんのひとりごと より

 

18世紀末にハワイを発見したのは、有名なキャプテン・クックです。

そのクックを先頭に、ハワイに来島した白人たちが持ち込んだのが、貿易商、キリスト教宣教師たちなのですが、彼らが持ち込んだのは実はそれだけではありません。

麻疹、結核、コレラ、ハンセン病、梅毒までも持ち込んだのです。

 

 

これは、かつての太平洋の島々に共通していた事項なのですが、彼らにはもともと「土地所有」という概念がありません。

その代わり、たとえばバナナの木などは、誰の所有かが、かなり厳格に定められたりしています。

そんなハワイの人々に、欧米から来た白人達は、ただ同然で土地を買い占めました。

 

なんと、国土の75%以上を所有してしまったのです。

 

ハワイの先住民たちは、追いつめられ、クックが来島した頃30万人だった人口が、1872年にはわずか5万7千人にまでに減少してしまいました。

国民の8割の人口が失われてしまったのです。

 

ちなみに欧米によって植民地化された国は、ほぼ例外なく人口が8〜9割減少しています。

なかでももっとも悲惨だったのは、アメリカインデアンで、彼らはかつて北米に約800万の人口があったものが、欧米人の上陸後、いまではわずか35万人にまで人口が減少、しかもインデアンの純血種は、いまや皆無です。

全員が白人との混血です。

これが何を意味しているかは、申上げるまでもないことだと思います。

 

さて、ハワイ諸島を統一したのは、カメハメハ大王です。

大王がハワイ諸島を統一したのは、19世紀、日本の明治のはじめ頃のことでした。

 

大王は、欧米人種と対抗するために、明治維新のときの日本と同じように、一方で彼らから武器・弾薬を買い、一方で種々の部族がひしめくハワイ諸島を統一したのです。

武器購入資金は、サトウキビ等の輸出など、国内産業の発展によって賄いました。

しかし輸出相場の変動、疫病の蔓延、白人たちによる暴行等によって、国力は徐々に衰退していってしまいました。

 

実は、カメハメハ大王の孫にあたるカラカウワ大王が、1881年に日本に来日しています。

当時の日本は、有色人種で唯一の独立国でした。

有色人種の希望の星だったのです。

そしてこれが、外国の大王、つまり要人が日本に来た、最初のできごとでした。

 

来日したカラカウワ大王は、アメリカ人の随行員らを出し抜いて、日本人通訳のみを連れ、密かに赤坂離宮を訪れて明治天皇との会見を願い出ました。

天皇側は夜中の訪問を不審に思ったけれど、とりあえず会見に応じました。

 

大王は、明治天皇にハワイ王国の内憂外患の窮状を述べました。

そして、5つの事柄について、日本の協力を要請しました。

 

1 日本人移民の実現

  ハワイ人の人口減少を同一種族である日本人の植民で補う。

2 やがて王位を継ぐことになる、姪のカイウラニ王女と日本の皇族の山階宮定麿親王との婚約。

3 日本・ハワイの合邦

  (ハワイを日本にしたいと申し出たのです)

4 日本・ハワイ間の海底電線(ケーブル)敷設。

5 日本主導による「アジア連邦」の実現。

 

しかし、明治維新後わずか14年の日本には米国と対抗できるだけの力はありません。

やむなく明治天皇は、翌年カラカウア大王に特使を派遣して、婚姻を謝絶しました。

 

ただ、移民については実現し、1884年、日本・ハワイ移民協約が締結します。

 

明治18(1885)年、第一陣の日本移民がホノルルに到着しました。

このときハワイでは盛大な歓迎式典が行われ、カラカウア大王自身もこれに列席しています。

そして日本酒が振る舞われ、ハワイ音楽やフラダンス、相撲大会まで催されました。

 

明治24(1891)年1月、カラカウア大王が病死し、後を継いで後継者に、大王の実妹のリリウオカラニが女王に即位しました。

 

明治26(1893)年1月15日のことです。

リリウオカラニ女王は、ハワイの民衆に選挙権を与えるために、ハワイの憲法を変えようとしました。

宮殿前には、女王を支持するハワイの大勢の民衆が集まりました。

 

けれど、この憲法改正案には、ひとつ問題がありました。

この憲法が施行されると、

 

「市民権を持っていない白人たちは、選挙権が得られない、つまり参政権を否定」されるのです。

 

米国公使のスティーブンスは、翌16日、「米国人市民の生命と財産を守るために」と称して、ホノルル港に停泊中の米軍艦ボストンから、海兵隊160余名を上陸させ、政府庁舎や宮殿近くを制圧します。

そして軍艦ボストンの主砲の照準を、イオラニ宮殿に合わせます。

宮殿前には、大勢のハワイ市民が集まっているのです。

スティーブンスやハワイ最高裁判事サンフォード・ドールら在ハワイ米国人達は、この状況で女王の身柄を拘束し、王制打倒のクーデターを強行しました。

 

ハワイの王族や軍、あるいは国民達は、女王奪還を企図し、徹底抗戦の構えを見せたのですが、市民が人質に取られているという状況を前に、リリウオカラニ女王は「無駄な血を流させたくないと、退位を決意します。

この瞬間、ハワイ王国は滅亡してしまったのです。

危機感を持ったカラカウア大王が来日から僅か12年後のことでした。

 

しかしハワイには、将来の日本との合邦もあり得るという前提で、2万5千の日本人が入植しています。

そこで急きょ、日本から派遣されたのが、巡洋艦「浪速」と「金剛」でした。

 

2月23日、到着した「浪速」と「金剛」は、米軍艦ボストンの両隣に投錨します。

艦長は、若き日の東郷平八郎です。

 

東郷平八郎は、いっさい米人たちと会おうとせず会話も拒み、ただ黙ってボストンの両隣に「浪速」と「金剛」を停泊させました。

もちろん砲門は、まっすぐ前を向いたままです。

けれど、完全な臨戦態勢です。

 

ボストンからしたら、これほど気持ちの悪いものはありません。

両側の日本の巡洋艦の主砲が、ちょっと横を向いただけで、ボストンボストンは沈没を免れないからです。

 

東郷平八郎は、実弾をもって戦うのではなく、米人たちに無言の圧力を与えることで、ハワイ市民の混乱や、市民に対する白人の略奪を阻止したのです。

 

かつて日本に来日したカラカウア大王は、キリスト教宣教師によって禁止されていたフラダンスを復活させた大王でもありました。

ですからフラダンスの父と呼ばれています。

 

そして、東郷平八郎氏と親交があったといわれるハワイ王国最後の女王リリウオカラニ女王が、作詞作曲したフラの名曲が、あの有名な「アロハ・オエ」です。

 

Aloha 'Oe アロハ・オエ(あなたに愛を)

 

Ha'aheo ka ua i na pali

Ke nihi a'ela i ka nahele

E hahai ana paha i ka liko

Pua 'ahihi lehua o uka

 

Aloha 'oe, aloha 'oe

E ke onaona noho i ka lipo

A fond embrace a ho'i a'e au

Until we meet again

 

山たちこめる雲 霧化し森の間間

さがす谷咲く花 潤むいのちつぼみ

ふるさと ふるさと

うるわしのああ まほろば 

もう一度 抱きしめて

さようならふるさと

 

とてもやさしい、いかにも太陽の恵みを燦々と浴びた南国の曲という印象がありますが、そこに歌われているのは「うるわしの古郷、もう一度抱きしめて、さようなら古郷」なのです。

名曲アロハオエの美しい旋律の陰には、侵略者に踏みにじられ祖国を失ったハワイの民の悲しみが隠されています。

 

このリリウオカラニ女王の決断は、ポツタム宣言受諾のときの昭和天皇のご聖断を思い浮かべさせます。

そのとき昭和天皇は「一人でも多くの国民に生き残ってもらって、その人たちに将来ふたたび立ち上がってもらう以外に、この日本を子孫に伝える方法は無いと思う。みなの者は、この場合、私のことを心配してくれると思うが、私はどうなってもかまわない」と語られました。

 

古来、国王というものの多くは、むしろ逆に、国民の命などどうなっても構わないから、国王だけが生き残る、という選択をしています。

これは世界中がそのような歴史にいろどられています。

 

けれど、国王がむしろ逆に、「我が身はどうなっても構わない。ひとりでも多くの国民の命を守りたい」とご決断されているわけです。

リリウオカラニ女王は、退位し、ハワイ王国は滅亡しました。

 

日本も、もしかしたら同じ道をたどったかもしれない。

あるいはいま、たどりつつあるようにさえ見えます。

けれど、日本のポツタム宣言受諾のときの天皇のご聖断と、リリウオカラニ女王のときとの違いは、退位があったかなかったによる違いです。

ハワイは、退位という現実の前に、それ以前にあったハワイの古くからの文化のすべてが失われてしまいました。

 

日本も、もしかしたら黒船来航以後、欧米列強によって国民の人口の8割が失われ、さらに国そのものがこの地上から消えてしまっていたのかもしれないのです。

いいかえれば、いま私達がこうして生きているのは、天皇の民として生きた先人達の、まさに血の滲むような努力によるものだし、その努力によって、私たちは私たちの国の文化や伝統を、いまだに(かろうじてかもしれないけれど)保つことができています。

そこが大事なとこなのではないかと思います。

 

千載くもらぬ

歴史は古し