8月17日(日)音楽で結ぼ ブルーリボン 豊中

ある日突然、北朝鮮が我々日本人や外国の方を拉致(人さらい)したことを「拉致問題」といいます。

この問題を拉致被害者 有本恵子さんのご両親である 有本明弘・嘉代子さん をお迎えして、40年間離れ離れになっている娘さんへの思いを聞かせて頂き、我々は何ができ、何をすべきかを考えるというイベントでした。

現在、拉致問題の早期解決を願い精力的に活動されてるアーティストの山口采希さん、X+(えくすと)さんがゲスト、若いパワーと情熱に感動しました。

また、拉致問題に関するアニメ「めぐみ」が上映され、日頃「拉致」という言葉は知っていても内容までは知らない方々にとって、現在進行形の拉致の経緯や残酷さ、残された御家族の苦悩がアニメを通じて感じて頂けたと思います。

日時:8/17(日)14時~16時【開演13:30】
開場:豊中市立千里文化センターコラボ2階 千里公民館 集会室
豊中市新千里東町1-2-2 (北大阪急行千里中央駅 北改札より西へ80m)
出演:歌手 山口采希さん、X+さん
ゲスト:有本弘明・嘉代子さん(拉致被害者 有本恵子さんのご両親
玉岡和代さん(大阪ブルーリボンの会)
定員:150名(完全予約・先着順)
入場:無料
主催:とよなか文化の輪/後援:豊中市、豊中市教育委員会

千載くもらぬ

歴史は古し